とある無職のチラ裏日記

クルマとバイクと不動産が好きなOSSAN。賃貸物件の営業やら管理やらをやってたけど無職になった。

リーンスタートアップ?10個作って1個でも当たれば生きていけるからおk

最近『リーンスタートアップ』という言葉を知ったんだけど、うちがやってるのはこの方法論に近いなーとオモタ。

コストをそれほどかけずに最低限の製品や、最低限のサービス、最低限の機能を持った試作品を短期間で作り、顧客に提供することで顧客の反応を観察する。その観察結果を分析し、製品、サービスが市場に受け入れられるか否か判断し(市場価値が無ければ撤退も考慮)、試作品やサービスに改善を施し、機能などを追加して再び顧客に提供する。このサイクルを繰り返すことで、起業や新規事業の成功率が飛躍的に高まると言われている
リーンスタートアップ - Wikipedia

ここ3年くらいは

  • とりあえず出してみて顧客の反応を見ながら改善していけばいいんじゃん。
  • そんでダメなら悔しいけど損切りする。
  • 撤退ラインで撤退しないと死ぬから悔しくて執着するのは絶対NG。

という方針だ。

そこそこ良い収益性になる率は10~20%くらいだけど、10個作って1個でも当たれば生きていけるからおk