とある無職のチラ裏日記

クルマとバイクと不動産が好きなOSSAN。賃貸物件の営業やら管理やらをやってたらウンコ漏らすようになったから会社辞めて無職になった。

広告主の中の人がアフィリエイト広告の仕組みを知らなかったので自分なりの考えを書いておこう

最近、アフィリエイト広告を使って売上を上げている広告主の営業さんが、アフィリエイト広告の仕組みを勘違いしてるということがあって驚いた。

アフィリエイト広告がどんなものかを勘違いしてる人はとても多いので、この機会に自分なりの考えをを書いておこう。

アフィリエイト広告が一体どんなもんかというと

業界最大手のA8.netから引用してみた。

アフィリエイトとは成果報酬型の広告システムのことです。メディア(ブログやサイト)を持っている個人、法人が広告主の商品やサービスをメディアを通して紹介します。そこからサイト訪問者により商品の購入やサービスの利用がされるとメディアは報酬を受け取ることができます。

アフィリエイトとは?より(A8.net

税理士さんに説明した時は、「うちのサイトで税理士さんのことを宣伝して、お客さんがきたら広告費として1万円を払ってもらう」と言ったらわかってくれた。

うちが取り組んでいる案件でいうと、「大学中退した人に対して就職活動の流れを説明して転職サイトを紹介する」「最低賃金以下の給料で働く大学病院の先生に、民間への転職を仲介してる会社を紹介する」って感じだ。

成果報酬型なので、広告主とメディアが直接繋がっていてもアフィリエイト広告は成立する。

詐欺や情報商材屋さん達が利用している現実はある

秒速のよざーさん達の印象が強くてアフィに対するイメージが悪いのはわかる。テレビでアフィリエイトが取り上げられるときは、大抵はセミナー屋さんが出演して「簡単に儲かる」ことを宣伝している。

そのせいもあってか「お前が考えているそれってアフィリエイトじゃなくて詐欺師とか情報商材屋さんだぜ?」ってことが多い。

簡単に見積もられる傾向がある理由

アフィリエイトについて「なんかよくわからんけど簡単に儲かるやつ?」という人もいるが、【なんかよくわからんけど】というところが肝なんだろう。

人間は自分の知らないことに関して簡単に見積もる傾向があるので、「よくわからない=でも簡単に儲かっている=詐欺?」ってことなのかもしれない。

「詐欺みたいなもんでしょ?」と言われた時の対処法としては、「アルハラとかセクハラで死にそうな人に転職を勧めるのって詐欺なんですか?」と言う。これで大体はおkだ。

そもそも『金儲け=悪』と考えるやつもいるけど、そんなのは社会人としてウンコなので相手にしないのがベストだ。

○○ルートの中にも残念な人はいる

広告主の従業員でさえ、アフィリエイト広告の仕組みを知らずに「よくわからないけど胡散臭いビジネスモデル」という理解だったことに驚いた。

自分の会社がどうやって売り上げを上げてるかわからないんだから、この人仕事できないんだろうなーと思った時点でお話しする気がオワタ(´・ω・`)

取引先であるバリューコマースファンコミュニケーションズ(どちらも上場企業だよ)の名前くらいは知っておいた方が良いんじゃないかな。そういう担当じゃないのかもしれんけど。

リク○○トの中にはくっそ優秀な人がいるけど、仕事やる気ない人も一定数いるから普通の会社なんだなーと思った。ま、おれは無職だけど。