読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある無職のチラ裏日記

クルマとバイクと不動産が好きなOSSAN。ブラック色の強い賃貸営業やってたらウンコ漏らすようになったから会社辞めて無職になった。

ホームラン一発で逆転できない人生になった多重債務者は弁護士に頼ろう

人生はホームラン一発で逆転できなくなる。

その例の一つが多重債務者だ。いくつもの消費者金融から借り入れをして生活苦に陥っている人は珍しくない。

『借金の支払い額が年収の3割』や『借金総額が年収の1.5倍』になったら債務整理を検討する目安だなんて言われている。

債務整理とは、法律で定められた借金を減額する手続きのことだよ)

住宅ローンの支払い額が収入の3割でも生活費は厳しくなる

住宅ローンの審査は、年収400万円未満なら年収の30%、年収400万円以上なら35%くらいが目安の一つだ。

「住宅ローンを組んで家を買ったら途端に貧乏になった」なんて話は多いけれど、給与の3割を持って行かれたら生活の質を落とさなければならないのだろう。

住宅ローンのような利率の低い借金でも苦しくなるのだから、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借りている人はかなり厳しいはずだ。

消費者金融から借金してて、ちょっとダメそうなA氏

消費者金融から借金して、収入の3割を返済するモデルケースを考えてみよう。

年収400万円で280万の借金(年利14%)を抱えているA氏がいたとする。

A氏がボーナスが無しで年収400万円の場合、月の手取りは26.7万円程度だ。毎月10万円の返済を続ければ4年程度で返済できるので、独身ならまともな生活をしながら返済していけるかもしれない。家族ができた場合は非常に厳しいだろう。

(A氏に年収の6割の借金総額を抱えさせてみたけれど、この時点ですげー厳しい生活になるじゃん。誰だよ借金総額は年収の1.5倍とか言いだしたの。)

消費者金融やカードローンなどで借金を重ねていて、きっとダメダメなB氏

多重債務で借金総額が年収の1.5倍になり、収入の6割を返済するケースを考えてみよう。

年収400万円で600万の借金(年利10%)を抱えているB氏がいたとする。

10年で完済を目指すとしても毎月13万円以上を支払わなければならない。B氏の手取り給料も26.7万円だとすると、まずまともな生活はできないだろう。

借金返済に追われてギリギリの生活をしている人は、新たに借り入れしやすいという傾向があるので、B氏が借金を返し終わる可能性はとても低い。

多重債務者B氏の末路

こうなると一発逆転は難しい。一発逆転の方法といったら、それこそ『宝くじを当てる』という類のものしかなくなってしまう。

逆転を狙おうとすればするほど手持ちの現金はなくなってしまう。滞納が続けば銀行口座を差し押さえられて、どうにもならなくなってしまうだろう。

なによりも、一発逆転を待ちながら借金返済がメインの生活をしているうちに、あっという間に人生が終わってしまうかもしれない。

借金減額した方がいいんでない?

個人的な意見なのだが、5年かかっても返済できない借金があるのなら、弁護士に頼って債務整理をした方が良いと思う。ブラックリスト状態になってしまうが、借金が減額されることに比べたらたいしたデメリットではないだろう。

借金を減額する方法は自己破産だけではない。任意整理という手続きの方がよく使われているし、個人再生だってある。

任意整理で将来利息をカットするだけでも、間違いなく生活は楽になる。 返済期間が短くなるのはもちろん、支払い総額は半分程度になる可能性だってある。

年利10%で600万円借りた場合は、利子だけでとんでもねー金額を支払うことになる。

仮に将来利子を0%にできたなら、返済するのは元金の600万円だけだ。毎月10万円の支払いを続ければ5年間で完済できる。

ホームランを打って試合を振り出しに戻そう

多重債務者にとってのホームランとは債務整理だ。

ホームランを打って逆転するのではなく、ホームランを打ってようやく試合を振り出しに戻せるのだと考えるべきだ。

場数踏んでる弁護士に頼もうぜ

注意してほしいのは、任意整理の内容は貸金業者との交渉次第で変わるので、なるべく場数を踏んでる人にお願いした方が良いということだ。債務整理NG、労働者側NGみたいな弁護士だっている。

 

(人生はホームラン一発で逆転できなくなるって言いたいだけだったんだけど、よくわからなくなってしまった)

6年経った今でも3.11おっかない

6年前のあの日、首都高がグラグラ揺れてたのを今でも覚えてる。大震災すげーおっかない。

電車が止まっていたために国道246号が大渋滞していて、寒さに耐えながら5時間かけて家に帰り、翌日から風邪をひいて出勤して死にそうになったのは一生涯忘れないでおきたいことの一つだ。

翌月曜の電車は本数を減らしててアホみたいに混んでたなあ。電車が来てるのにほとんどの人が乗れなくて何本も見送ってた。

 

何がおっかないかって、東京にはこなかったでっかい津波じゃない。震災の影響で死にかけたことだ。

当時の石原都知事が自粛ムードだとか言ってたけど、自粛ムードとやらで売上が減ったらそれを補うために長時間の残業をしてた会社員が沢山いたんだ。1日13時間労働の30日連勤とかやってたら死ぬ可能性はあるさ。

あの時期に会社辞めた人はいっぱいいたんだけど、みんな何してるんだろ?

震災後の人事異動でアルハラ上司がやってきたけど、俺だって自殺するまで我慢して死んでた可能性あるな。これは地震とは関係ないけどおっかないわ。

 

ちょっと前までは、もしも地震がなかったら無職になることもなかったろうなーとか考えてた。でも、あの時に会社を辞めなければ、今現在の生活にはならなかっただろう。

人生悪いことばっかじゃない。生きててよかった。

あとは広末涼子似の17歳JKと付き合うだけだ。

出稿準備オワタ

色々と悩ましかったけど、まっつんの所を使ってみることにした。初回の社内審査に通れば来週から掲載されるらしい。すでに入金済みなのだけれど、課金されるのは掲載された日からだ。

まっつんの所にした決め手はテレビCMをバンバン打ってるのと、自分がフリーターの時に見てたからじゃろね。

自社の求人広告が、自分がバイトする時に見てたサイトに載ると思うと感慨深い。全部自分一人で入力するんだけど(´・ω・`)

 

3/6追記

無事に審査通って出稿できた。

 

3/20追記

出稿して2週間でそれなりに応募あり。コスパは悪くないけど、内勤希望も多くて意外だ。

流石に春休みだけあって大学生の応募もそこそこある。自分が通ってた大学に在学中の子まで応募してくれて胸熱wwwなお全力でお祈り申し上げた。

テスト記事を書いてもらった8人の中から1人と契約済。今週中にもう1人会ってみる。コミュ障のワイにはつらい(´・ω・`)

出来る人は出来るけど出来ない人は全然出来ないのよね

ある人から「単発で外注した方がいいんじゃない?」と聞かれたけど、単発で外注した方が良い訳がないんだ。

出来る人は出来るけど出来ない人は全然できない。どのくらい出来ないかというと、日本語ではない文章しか書けないくらいだ。

玉石混淆ではなく石しか見当たらない単発外注

外注戦略を始めてから1000人以上のライターさん(自称ライター含む)の文章を読んできたけれど、世の中には小学校の国語の授業からやり直した方が良い人たちがいっぱいいるんだ。

ランサーズのタスクやShinobiライティングを使ってみた人なら分かると思うのだけれど、プログラムが自動的に吐き出した文章より酷いものが納品されることも珍しくないんだよね。

(タスク=単発発注のことだよ)

どっかからコピーして作った文章を納品する論外君も多い。

玉石混淆の中から玉を見つけるのではなく、ハッキリ石だと分かるものしかない。依頼方法を工夫すれば売れる石を作れるのだが、俺自身の作業量も膨大になるので無理が出てきてしまう。

絶対に使ってはいけないShinobiライティング

ASPやイベントで安売り営業をしているので見たことある人も多いんじゃないかな。

数ある記事発注サービスの中でも、Shinobiライティングは特にクソなので絶対に使ってはいけない。

意味不明な日本語が納品されたり、事実と異なるハチャメチャな文章が納品されたりする。

ま、Shinobiのライター報酬は1文字0.2円なのでしょうがないのだが。

通常単価の1文字1円で発注したら黒字化するまでに1000年くらいかかってしまうんじゃないかな。長生きしなきゃね。

Shinobiライティングはクソ。それだけは覚えておいて欲しい。

まともなライターさんを確保しないと生き残れない

Denaのキュレーションサイトが優遇されていたように、今でもgoogleが品質の高い文章を判断できないのは間違いない。でも、5年前と比べて格段に有能になっているのも確かだ。

アフィリエイトに限ったことではないけれど、メディア運営は『優秀なライターを確保できるかどうか』が鍵になっているのは確かだろう。(その中でWelqは低品質ライターをぶん回す画期的な戦略だった。運営ポリシーに大いに問題があったが。)

金をドブに捨てる戦いで黒字を目指すのはとっくに限界がきているんだ。

俺の場合は、昨年の夏ごろからタスク発注が少なくなっていて、ライターさん2名+法人の記事作成サービス(アフィ秘書さんなど)にお願いしている。

法人の記事作成サービスだって低品質だけれど、タスクを使うよりはよっぽどマシなことが多い。

『低単価のタスクで超大量に発注して使える記事だけを掲載する』よりも『タスクの10倍の単価を払ってしっかりしたライターさんに依頼する』方が黒字化できる可能性が高いし、黒字化までの期間も短い。

なによりも俺自体が楽しく過ごせない。いくら金のためにサイトを作っているとはいえ、ゴミに金を払うのは気持ち良いものではない。

国語力が低いことは自分では分からない

余談だけれど、小学校の国語の授業からやり直した方が・・・というのは読む側もそうだ。

皮肉だとか反語だとか婉曲表現が分からず、文脈すら見ずに書いてあることをそのまま受け取る人間は沢山いる。(特に反語は理解されずらいかな?)

ツイッターを見ていても、140文字以内の簡単な皮肉すらわからない人たちがとても多い。読解力も理解力もないため、書いてある事とは真逆に受け取ってしまうのだろう。

40代以上のオッサンもそうなので、『現在はスマホが普及したから長文を読む機会が少ない』というわけではなさそうだ。

国語力の低さを自分自身で気づくのはとても難しい。

よっぽど意識している俺でさえ酷いもんだ。2年前に自分で書いた文章を見直すと頭を抱えてしまう。

ブンブンどりむ』のように作文と国語に特化した通信教育が人気あるのも納得だ。

まとめ

世の中には俺よりも文章を書くのが上手い人が結構いる。そんな人たちをどれだけ抑えるられるかどうかが、今よりも収入を1段上げる鍵になるんだろうなーなんて思った。

(これ以上書くのが面倒になった)

バイト探すならどこがええんじゃろ?ハロワも考えてみたけど

一般的な求人サイトを使ってバイトを募集してみようかなーと思った時のためにちょっくらメモ。

 

タウンワークオンラインは東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県エリアで2週間18,000円~。

参考:タウンワーク掲載料金表(発行エリア別)|タウンワーク

 

anは東京(23区外)・埼玉・千葉・神奈川エリアで1週間18,000円~、東京23区エリアで1週間18,000円~。LINEバイトにも同時に掲載できる。

参考:「an」(アン) 掲載・料金について 【公式】

 

マイナビバイトは1週間20,000円~。1応募8,000円なんてのもあり。

参考:企業様へ掲載のご案内|アルバイト求人広告ならマイナビバイト【公式】

 

バイトルは1週間30,000円~。上戸彩かわいい。

参考:バイトル【公式】|求人広告掲載・料金のご案内-アルバイト・パート

 

採用課金を売りにしてるジョブセンスは神奈川県の場合1名採用で85,000円〜。

参考:アルバイト求人広告の料金比較はこちら【ジョブセンス公式】 | ジョブセンス

 

ママワークスは掲載課金と採用課金があって、採用課金は1名採用2万円。

参考:企業ページ|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

 

バイトークは1名採用あたり5万円

参考:採用するまで0円!求人広告掲載無料!アルバイト・バイト探しなら【バイトーク】

 

ハロワは0円。ただし在宅ワークの紹介はしてない。

参考:ハローワークインターネットサービス - よくあるご質問(事業主の方)

 

ママワークスが候補に入っているのは、うちの経験上で主婦の方はなんか当たりが多かったから。知名度低いから人集まりにくだろうけど、安いから悪くない気がしないでもない。

最初はジョブセンスを使うつもりで調べたんだけど、意外に高かったw。採用された人にも2万円入るんだから当然と言えば当然なんだが、採用されても入金条件にそれなりの壁があるからやっぱり高い。

85000円使うならタウンワークオンラインの一番安いプランで5週間掲載できるのよね。バイトするならタウンワークとかマジその通りじゃん?同じ値段で狙ってる層に見られるかどうかという大きな問題はあるけれど。

 

こうして見てるとハロワの0円はマジで魅力的に感じる。でも、ちょっとハロワ行ってくる・・・とはならない。

Q&Aに『ハローワークでは内職(在宅ワーク)について紹介を行っておりません。』って書いてあるのよね。ハロワ行って在宅ワーカーを探してると言ってもダメじゃろね。

ただし、『市区町村によっては、内職の相談窓口を設置したり、仕事のあっせんを行ったりしている場合がありますので、直接、地元自治体に問い合わせてみてください。』とある。

参考:ハローワークインターネットサービス - よくあるご質問(仕事をお探しの方)

ハロワでパート募集探す人の属性考えたら、一般的なバイトサイトで募集したがええじゃろ。それなりに若くてパソコン使える人探すんだし。

 

追記

とらばーゆという選択肢もあった。関東/1週間の場合で150,000円〜。

【とらばーゆの求人掲載オフィシャルサイト】リクルート人材サービスインフォメーションネット|求人広告の掲載はこちら

長時間労働で死にかけてる人をなんとかしたい

電通の女性新入社員が過労自殺して労災認定された頃に話題になったマンガを久しぶりにみた。

以下、しおしおさんのツイッターから転載。

 

こういうの見ると会社員の頃を思い出しちゃう

俺も90日連勤だとか長時間残業が当然の職場にいたんだけど、壊れたように歩くことしか考えられなくなるのはその通りだった。

長時間労働を続けていると思考力は全然なくなってしまう。今の状況にひたすら耐えることしかできなくなり、まともに寝てなくて身体が疲れ果てているのに、田園都市線の満員電車に乗って会社へ行ってた。

当時を思い出せば「親に心配かけたくない」とか「今辞めても転職先は見つからない」みたいな事を考えて必死こいてた。今でも、あのまま続けていたら死んでてもおかしくないと思う。

俺がなぜ辞めたかというと、会社が公文書偽造や宅建業法違反などを行っていたのが一つ(俺自身が宅建業法違反に問われてもおかしくなかった)と、アルハラ当然の人が上司になったことがきっかけだ。

飲み会の最中にトイレで吐きながら「ああ、このままこの会社にいたら死ぬな」と意識したのは今でもハッキリと思えてる。

違法な職場を避ける訴求なら沢山あるけれど

会社員を辞めてから5年以上経っているのだが、長時間労働に必死に耐えている人を死なせないために何か出来ることはないかなーとちょっとだけ考えることはある。

その一つが、若年層向けの転職サイトで「ブラック職の強い職場を避けよう」という提案をしていることだ。

『ブラックな職場を避けるためにはエージェントを使って若年層の離職率が低い職場を選ぶべき』というのは、どこのサイトを見回しても同じような訴求をやっているので、20代でエージェントを使った人なら見たことがあるだろう。

でも、それは『ブラック色の強い職場を避ける方法』なわけで『今過労で死に向かっている現在進行形の人たち』に対するアプローチではないんだよな。

長時間労働で思考力まで黒くなった人に出来ること

死の危険を感じて自分の身を守ろうという危機意識が出ればよいのだが、本人にその判断が出来なくなったら死なない程度にぶっ倒れて救急車で運ばれるくらいしかないような気がする。

だからこそ、しおしおさんの「まだ大丈夫のうちに判断しないと」というのに強く納得したのだが。

本人は思考力がなくなって周りの声が聞こえなくなってしまうけれど、なんとか周囲の人間が救ってやれる方法がないのだろうか。

おそらく、まずは会社を休ませたり辞めさせることが第一で、転職先を考えてもらうのは二の次だ。だって本人はそこまで頭が回っていないのだから。(あれ?ってことはアフィじゃ収益可できねーんじゃねえか?)

幸か不幸か会社員時代の経験が今に活きていて、弊社の転職サイトはアルハラ長時間労働のキーワードに結構強い。きっと何か出来ることがあるはずなので、将来的にはそういう事業に手をつけたいと思う。

何したらいいかわかんねーけど。

 

(はぁ、今回もまとまりのない文章になってしまった1507文字)

 

なぜ「どこのコンビニで働くか」ではなく「どこの求人サイトを使うか」が大事か

売上を上げるために大事なのは『見込み客を集客する』ということ。

ネットでものを売れない大多数の人間が「人さえ集められば売れる」なんて勘違いしてるのは良くある話だが、アフィで飯食ってる俺でさえ忘れがちだ。

アルバイトサイトへの登録を売る場合を例にあげると、『セブンイレブンファミリーマートとローソンのどこで働こう』と考えている人を集客するのではない。

『高校生の私がコンビニで働くのはどうやって応募すればいいんだろう?』とか『どこのアルバイトサイトが良いんだろう?』と思ってる人間を集客するべきってこと。

コンビニバイトを探している人向けにセブンイレブンのアルバイトについて書いたとしても、なかなか成約には結びつかない。

仮にこういうサイトを見て『セブンイレブンってこういう感じなんだ』と思ったとしても、セブンイレブンの公式サイト経由で応募したり、実際に働く店舗に直接電話してしまうもんね。

セブンイレブンの仕事内容なんて、ユーザーの疑問や悩みと成約までの距離が遠すぎる例だ。

よくある勘違い

よくあるのが「大事なのはどこの店で働くかだろ?求人サイトが大事なわけじゃないだろ?」という勘違いだ。

バイトを探している人にとって役立つコンテンツを提供するのが目的ならそれで良いのだが、そんなこと書いたって申し込みには結びつかない。

「○○という店で働くならどこから応募すれば良いのかな?」という疑問に答えるならおkだが、セブンやスタバのように自社で求人サイトを持っている店を攻めたって一件もCVしない。

むしろ、店なんてどうでも良かった

俺自身も勘違いしていたんだが、「サイトに登録させること」を売りたいのだから、『求人媒体を探している人』を集客するべきなんだな。

要は「○○+●●●(成約までの距離が近いやつ)」であげればCVRスーパー高くなるってことだ。

(書くのが面倒くさくなった)