読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある無職のチラ裏日記

クルマとバイクと不動産が好きなOSSAN。ブラック色の強い賃貸営業やってたらウンコ漏らすようになったから会社辞めて無職になった。

多重債務者のもう一つの選択肢

ワイ、分かっちまった(´・ω・`)

借金苦で人生を見つめ直している人にお勧めするのは弁護士だけではないんや(´・ω・`)

これや(´・ω・`)

↓↓↓↓↓↓↓↓

あたし今すぐマンション欲しいわ

多重債務者に今スグお金言えばええんや(´・ω・`)

多重債務⇒自転車操業⇒おまとめローン⇒自己破産の地獄コンボや(´・ω・`)

ユーザーの気持ちに寄り添うってのはこういうことなんやな(´・ω・`)

道徳的にどこまでやっていいかの線引きに迷うが、おまんま食ってくためには仕方ないねんな(´・ω・`)

(街角なんちゃらって所は多重債務者向けに広告出してる会社やで)

斜め読みして読んでない箇所を脳内補完する人いるけど、どうしたらいいんじゃろね?

そんなことは一切書いてないぜ?おめーどこ見てんだぜ?(´・ω・`;)

って思うことあるよね。

(斜め読みされないようにここで終了しようかな)

 

(やっぱり続けよう)

小学校の国語の授業からやり直した方が良い奴らがゴロゴロいるのはこちらの通りなんだが、まともに読まないユーザー層についてちょっと考えてみた。

読者の感想が分かるメディアを運営している人なら経験したことがあると思うのだが、記事の内容とは真逆に受け取っている読者は結構多い。ツイッタークソリプや、はてなブックマークやヤフーニュースのコメント欄がそうだろう。

読解力や理解力が低い人たちが斜め読みすると、読んでない部分を脳内補完で別の事に置き換えてしまうんだ。そもそも、前提となっている知識も間違ってるケースだって多い。

暇つぶしに読む奴を集客しているサイトほど斜め読みが目立つ。

 

現代文の成績が悪い人にしてはいけないアドバイスの一つに「ちゃんと読めよ」というのがある。なぜなら、ちゃんと読めないから現代文の勉強をしているのだ。陸上選手に「速く走れよ」とアドバイスするのと同様で、全くタメにならないアドバイスなんだ。

ポイントは読まないんじゃなくて読めないってことだ。読まない人間に「ちゃんと読め」と言えば少しは変わるのかもしれないが、読めない人間に「読め」と言ったところで何も変わらない。

おれがやっているジャンルでは、フリーター求人とか介護求人とかIT求人とかナイトワーク求人に読めないユーザーが多い。低学歴・低所得者層を相手にするジャンルほどその傾向が強いのだが、高学歴なグーグルは長文が大好きだから悩みどころだ。

きちんと伝わらないことや検索上位にこないことを他人のせいにしていてもしょうがない。サイト設計時に読めない層(+読まない層)を全て無視するとしても、斜め読みしないように努力するのが大事だ。

漢字をひらがなにしたり、改行したり、リストやテーブルを使ったり、ページ分割したり、マンガを発注したり・・・。

相手の脳みそに負担をかけない作戦は何があるだろう?

借金でブンブンしたいンゴ(´・ω・`)

当初の予定通り、3月末になって引越しが一件出たンゴ(´・ω・`)

ユーザーが単価低い入口(1500円)から申し込んでしまったのが悲C(´・ω・`)

ここまでは予定通りなんだけど、ここからは予定よりもかなり厳しい戦いになるンゴ(´・ω・`)

まだまだこれからのサイトなんやけど、間違いなく厳しいのが分かってしまったンゴ(´・ω・`)

ぶっちゃけ引越し業者なんてどこも同じンゴ(´・ω・`)

ユーザーもそれが分かってるから全然悩んでなくてなんとなく申し込んでるンゴ(´・ω・`)

こうなるとサイトの内容で差別化できないから、がっつり予算かけたSEO勝負になってしまうンゴ(´・ω・`)

ふらっと競合サイトのリンク見たらすごすぎるンゴ(´・ω・`)

バックリンクだけでウン桁マソくらい使ってるんじゃねーだろうか(´・ω・`)

コンテンツで差別化できない以上は、本気でリンクをぶち込むしかないんだが、S級妖怪どもと同じ土俵に立つわけにはいかないンゴ(´・ω・`)

戸愚呂弟に食われる観客席の雑魚どもと同じ道を歩むことになるンゴ(´・ω・`)

ワイには予算がないんだから、予算がないなりの戦い方をしないと厳しいンゴ(´・ω・`)

PV伸びるのが期待できないのだから、CVR伸ばす方向で行くしかないンゴ(´・ω・`)

ぶっちゃけ完全に車査定と同じ流れンゴ(´・ω・`)

前から分かっていたけれど、あらためて確信したンゴ(´・ω・`)

やっぱり、色んな悩みを抱えてる奴らを集客した方がやりやすいンゴ(´・ω・`)

 

そんな状況にあるわけなんやが、ワイには参入したいジャンルがあるンゴ(´・ω・`)

それが借金ンゴ(´・ω・`)

なぜなら楽しそうだからンゴ(´・ω・`)

ユーザーが悩んでるのは間違いないし、悩みの深や幅も広くて素晴らしいンゴ(´・ω・`)

でもでも競合が強すぎるのが問題ンゴ(´・ω・`)

abcも大全も大学もガールズもなるほどもS級妖怪だから真っ向勝負じゃ100%負けるンゴ(´・ω・`)

こんなジャンルに参入したら年間売上0円でフィニッシュになってしまうかもしれンゴ(´・ω・`)

でもでもでもでも参入したいンゴ(´・ω・`)

マルチタスクでキャパオーバーだけどやりたいンゴ(´・ω・`)

広告主の銀行からオラオラ言われてもヤり続けてるなんて美味しそうな臭いがプンプンするンゴ(´・ω・`)

今のワイならS級妖怪の隅っこでブンブンできる施策が少しだけある気がするンゴ(´・ω・`)

でもでもでもでもでもでもでもでも吉原でブンブンする資金も大事ンゴ(´・ω・`)

やっぱり今はやめておくンゴ(´・ω・`)

 

でもやっぱり・・・やりたいンゴ(´・ω・`)

やりたいからやるンゴ(´・ω・`)

ご利用は計画的に

2017年現在、消費者金融等の利用者は1000万人以上いるらしい。JICCの統計データによると下記のようになっている。
【借入件数毎の登録状況】 
     登録人数登録件数残高金額一人当たりの
残高
一契約当た
りの残高
1件
715万人
715万件
3兆6,958億円
51.7万円
51.7万円
2件
233万人
466万件
2兆231億円
86.8万円
43.4万円
3件
84万人
252万件
9,488億円
112.9万円
37.6万円
4件
26万人
105万件
3,788億円
144.1万円
36.0万円
5件以上
10万人
52万件
1,962億円
206.5万円
38.1万円
合計
1,068万人
1,589万件
7兆2,426億円
67.8万円
45.6万円

貸金業法対象に銀行や信用金庫は入っていないので消費者金融のみでこの数字だ。

もっと詳しく見るなら貸金業法対象情報(無担保無保証)の統計PDFを参照

http://www.jicc.co.jp/vcms_lf/touroku1.pdf

 

貸金業法対象になるのは消費者金融だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠も対象となる。

クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)については、貸金業法が定める総量規制の対象だが、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は貸金業法の規制の対象外だ。なお、銀行カードローンも対象外。

 

大手サラ金3社の利用者と残高はざっくり以下のような感じだ。

アコム:140万人、7300億円
プロミス:130万人、7100億円
アイフル:60万人、2200億円
 
消費者金融等の利用者は1000万人いるのに、自己破産するのが7万件くらいで個人再生は2万件ちょっとだ。任意整理は裁判所を通さないからデータがないけど、おそらく多分なんとなくざっくりした数字で自己破産の30~50倍だ。
 
サラ金業者がバシバシCM売ってるのは、計画的なご利用で金借りる人が多いからなんだろう。
 
武富士をオワコンにさせた過払い金ビジネスも現在ではオワコンになりつつある。銀行ローンにも規制が入りそうだし、サラ金の時代がくるんじゃねーのか?

www.asahi.com それならサラ金株買っとくか?二階建てで買っちまうか?株で借金作ると免責不許可だけど結構な確率で免責下りてるぜ?

サラ金で金借りる⇒信用二階建て⇒追証⇒ 多重債務で挽回⇒おまとめローン⇒一本化したのに更に追証⇒返せずに自己破産なんてことにならぬよう、ご利用は計画的に。
 

ホームラン一発で逆転できない人生になった多重債務者は弁護士に頼ろう

人生はホームラン一発で逆転できなくなる。

その例の一つが多重債務者だ。いくつもの消費者金融から借り入れをして生活苦に陥っている人は珍しくない。

『借金の支払い額が年収の3割』や『借金総額が年収の1.5倍』になったら債務整理を検討する目安だなんて言われている。

債務整理とは、法律で定められた借金を減額する手続きのことだよ)

住宅ローンの支払い額が収入の3割でも生活費は厳しくなる

住宅ローンの審査は、年収400万円未満なら年収の30%、年収400万円以上なら35%くらいが目安の一つだ。

「住宅ローンを組んで家を買ったら途端に貧乏になった」なんて話は多いけれど、給与の3割を持って行かれたら生活の質を落とさなければならないのだろう。

住宅ローンのような利率の低い借金でも苦しくなるのだから、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借りている人はかなり厳しいはずだ。

消費者金融から借金してて、ちょっとダメそうなA氏

消費者金融から借金して、収入の3割を返済するモデルケースを考えてみよう。

年収400万円で280万の借金(年利14%)を抱えているA氏がいたとする。

A氏がボーナスが無しで年収400万円の場合、月の手取りは26.7万円程度だ。毎月10万円の返済を続ければ4年程度で返済できるので、独身ならまともな生活をしながら返済していけるかもしれない。家族ができた場合は非常に厳しいだろう。

(A氏に年収の6割の借金総額を抱えさせてみたけれど、この時点ですげー厳しい生活になるじゃん。誰だよ借金総額は年収の1.5倍とか言いだしたの。)

消費者金融やカードローンなどで借金を重ねていて、きっとダメダメなB氏

多重債務で借金総額が年収の1.5倍になり、収入の6割を返済するケースを考えてみよう。

年収400万円で600万の借金(年利10%)を抱えているB氏がいたとする。

10年で完済を目指すとしても毎月13万円以上を支払わなければならない。B氏の手取り給料も26.7万円だとすると、まずまともな生活はできないだろう。

借金返済に追われてギリギリの生活をしている人は、新たに借り入れしやすいという傾向があるので、B氏が借金を返し終わる可能性はとても低い。

多重債務者B氏の末路

こうなると一発逆転は難しい。一発逆転の方法といったら、それこそ『宝くじを当てる』という類のものしかなくなってしまう。

逆転を狙おうとすればするほど手持ちの現金はなくなってしまう。滞納が続けば銀行口座を差し押さえられて、どうにもならなくなってしまうだろう。

なによりも、一発逆転を待ちながら借金返済がメインの生活をしているうちに、あっという間に人生が終わってしまうかもしれない。

借金減額した方がいいんでない?

個人的な意見なのだが、5年かかっても返済できない借金があるのなら、弁護士に頼って債務整理をした方が良いと思う。ブラックリスト状態になってしまうが、借金が減額されることに比べたらたいしたデメリットではないだろう。

借金を減額する方法は自己破産だけではない。任意整理という手続きの方がよく使われているし、個人再生だってある。

任意整理で将来利息をカットするだけでも、間違いなく生活は楽になる。 返済期間が短くなるのはもちろん、支払い総額は半分程度になる可能性だってある。

年利10%で600万円借りた場合は、利子だけでとんでもねー金額を支払うことになる。

仮に将来利子を0%にできたなら、返済するのは元金の600万円だけだ。毎月10万円の支払いを続ければ5年間で完済できる。

ホームランを打って試合を振り出しに戻そう

多重債務者にとってのホームランとは債務整理だ。

ホームランを打って逆転するのではなく、ホームランを打ってようやく試合を振り出しに戻せるのだと考えるべきだ。

場数踏んでる弁護士に頼もうぜ

注意してほしいのは、任意整理の内容は貸金業者との交渉次第で変わるので、なるべく場数を踏んでる人にお願いした方が良いということだ。債務整理NG、労働者側NGみたいな弁護士だっている。

 

(人生はホームラン一発で逆転できなくなるって言いたいだけだったんだけど、よくわからなくなってしまった)

6年経った今でも3.11おっかない

6年前のあの日、首都高がグラグラ揺れてたのを今でも覚えてる。大震災すげーおっかない。

電車が止まっていたために国道246号が大渋滞していて、寒さに耐えながら5時間かけて家に帰り、翌日から風邪をひいて出勤して死にそうになったのは一生涯忘れないでおきたいことの一つだ。

翌月曜の電車は本数を減らしててアホみたいに混んでたなあ。電車が来てるのにほとんどの人が乗れなくて何本も見送ってた。

 

何がおっかないかって、東京にはこなかったでっかい津波じゃない。震災の影響で死にかけたことだ。

当時の石原都知事が自粛ムードだとか言ってたけど、自粛ムードとやらで売上が減ったらそれを補うために長時間の残業をしてた会社員が沢山いたんだ。1日13時間労働の30日連勤とかやってたら死ぬ可能性はあるさ。

あの時期に会社辞めた人はいっぱいいたんだけど、みんな何してるんだろ?

震災後の人事異動でアルハラ上司がやってきたけど、俺だって自殺するまで我慢して死んでた可能性あるな。これは地震とは関係ないけどおっかないわ。

 

ちょっと前までは、もしも地震がなかったら無職になることもなかったろうなーとか考えてた。でも、あの時に会社を辞めなければ、今現在の生活にはならなかっただろう。

人生悪いことばっかじゃない。生きててよかった。

あとは広末涼子似の17歳JKと付き合うだけだ。

出稿準備オワタ

色々と悩ましかったけど、まっつんの所を使ってみることにした。初回の社内審査に通れば来週から掲載されるらしい。すでに入金済みなのだけれど、課金されるのは掲載された日からだ。

まっつんの所にした決め手はテレビCMをバンバン打ってるのと、自分がフリーターの時に見てたからじゃろね。

自社の求人広告が、自分がバイトする時に見てたサイトに載ると思うと感慨深い。全部自分一人で入力するんだけど(´・ω・`)

 

3/6追記

無事に審査通って出稿できた。

 

3/20追記

出稿して2週間でそれなりに応募あり。コスパは悪くないけど、内勤希望も多くて意外だ。

流石に春休みだけあって大学生の応募もそこそこある。自分が通ってた大学に在学中の子まで応募してくれて胸熱wwwなお全力でお祈り申し上げた。

テスト記事を書いてもらった8人の中から1人と契約済。今週中にもう1人会ってみる。コミュ障のワイにはつらい(´・ω・`)